2018年10月24日

ドラフトの希望

久々の投稿になります。今シーズンは先発投手の故障や不調、主力打者の離脱などの要因などが重なって優勝を逃すだけでなく、3年連続のCS出場も逃す4位となりました。

もちろん選手層も薄いのでドラフトがより重要になってきます。

そこで今年のドラフトの希望を戦力判断などとともに書きたいと思います。

まず、個人的に考えるベイスターズの補強ポイントとしては、
・エースになりうる先発投手
・勝ちパターンに入れる中継ぎ投手
・二遊間の即戦力
・二遊間の次世代の選手
・三塁の次世代の選手
・出塁率の高い1番タイプの打者
・将来の主軸になりうる選手

など、ざっと上げてもこれだけあるのですが、これを踏まえて個人的な好みでドラフトの希望を以下に書きます。

ドラフト1位 松本航 投手 日体大 
ドラフト2位 野村佑希 サード 花咲徳栄高 
    又は 野村大樹 サード 早実高
ドラフト3位 宜保翔 ショート 未来沖縄高 
    又は 増田陸 ショート 明秀日立高
ドラフト4位 伊藤裕季也 セカンド 立正大 
    又は 山野辺翔 セカンド 三菱自動車岡崎
ドラフト5位 杉山一樹 投手 三菱重工広島 などの中継ぎ投手
ドラフト6位 田宮裕涼 捕手 成田高 などの捕手
ドラフト7位 湯浅京己 投手 富山GRNサンダーバーズ 入団テスト
ドラフト8位 平山快 一塁 東海大 いつもの一芸枠
    又は 中山翔太 一塁 法政大
育成ドラ1位 矢沢宏太 投手 藤嶺藤沢高 などの高卒投手

こんな感じになりました。
特に宜保選手は、打撃はまだパワー不足だけど身体能力が抜群で頭も良いみたいだし性格も良さそうだし、雰囲気としては石井琢朗選手みたいになってくれそうな予感がするので、是非獲得してほしいです。

新聞報道だと1位は競合覚悟で根尾選手とか一本釣り狙いで上茶谷投手とかありますけど、今年のハマスタなのに総得点リーグ最低とか二軍の若手野手の伸び悩みとか考えると、今年は上位は野手中心になると思います。投手は不調な投手とか故障中の投手とかが戻ってくれば行けると思うし、育成中の若手も野手と違って順調に伸びている傾向があるのもあるし。

明日は当日直前で12球団の予想を書けたら書きます。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 10:50| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: