2016年12月30日

人的補償の予想と希望

先日山口投手のFA移籍に伴う補償について、金銭のみでなく人的補償で選手も獲得すると高田GMの発言がありました。個人的には金満チームから金銭だけもらっても何のダメージにもならないと思うので、どんな選手でも獲得するのは多少なりでもダメージを与えられると思うのでベターだと思います。

それでGMの、映像を確認してすぐ全員一致で決まったというコメントや内野手はたくさんいるので取らないというコメントから、あまり一軍で投げていない若手投手が有力な感じですが、故障明けの選手の回復具合を確認していた可能性もあります。そうすると杉内投手という可能性も出てきます。FA権を持っているのは問題ですが年棒も安くなったし、故障が良くなっていれば間違いなく戦力になるし、若い投手の手本にもなるからです。

故障が治った杉内投手なら文句なしですが、実際には若手投手だろうから個人的に欲しい投手をあげてみると、
1、桜井投手 2、中川投手 3、平良投手 4、與那原投手
になります。今年ルーキーだった投手以外は賭博に関係していた危険があるし、ルーキーの選手をプロテクト外にしていきなり取られたりしたら、ドラフトに対してアマチュアの巨人対するイメージが悪くなるという効果があるからです。宮國投手や今村投手や高木勇投手などのある程度実績がある若手投手の方が良いですが、多分プロテクトは外れていないと思い上の希望になりました。単純に巨人の戦力を下げようと思えば実松捕手というのも面白いと思いますが、去年までならともかく今年は捕手は優先順位が低いと思うしFA権も持っているし難しいですね。

獲得する選手の発表は年明けの球団の仕事始めの後なので、それまで楽しみに待ちたいと思います。巨人のきわどい選手はドキドキだと思いますが。FA補強ばかりでチャンスが少ないので、むしろ希望している選手もいたりして。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 07:06| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: