2016年03月31日

ラッキーが続いて勝てたけど打線はまだ低調

3月30日のハマスタでの横浜DeNAベイスターズ−読売ジャイアンツの試合は、6−3で横浜が勝ちました。

プロ入り初先発でしかもあまり調子のよくなさそうな新人桜井投手に4回まで抑えられひどすぎると思っていたら、5回にラッキーが続いたのもあり逆転し、7回にうまい走塁を続けてダメ押しし、そのまま勝利し本拠地初勝利です。

先発のモスコーソ投手は甘いボールをホームランされたりしたものの、盛り返して7回3失点。故障前の状態まで戻してくれました。打撃も5回に反撃ののろしとなる安打を打ってました。あれがなければたぶん負けていたし。今年は去年の後半のようなことはなさそうです。この勝利で球団の外国人投手の通算勝ち星で2位になったらしいです。次の三上投手は広島戦は苦手っぽいけど巨人戦は万全。抑えの山崎康投手も好調ではなさそうだが4凡で2セーブ目です。

打線は元のスタメンに戻りがっかり感があったが、今年初めて4得点以上の6点を取れました。いきなり当たっては来ないだろうけど、ロペス選手はうまい走塁やフェンス直撃の打球とかあったので気分は上がってきそう。白崎選手は5回の右に打った二塁打のイメージを忘れないでほしい。

ロマック選手が死球で交代していたけどあまり心配はなさそう。ただ四球は選べるけど打てないので松本選手の方が打てそう。あと今日先発する砂田投手が一軍に上がり、捕手2人制のため黒羽根捕手が二軍行きになりました。

ラミレス監督の攻撃の采配はうまくいって良かったが、選手起用に関しては頑固に当初のスタメンにこだわるというあまり好ましくない感じ。確定した選手がいないポジションは調子が良い選手をうまく起用して、モチベーションや調子を保てるようにしてほしい。先発投手の起用に関しては早めの交代ばかりということはなく一安心。信頼度が高い投手は長めに投げさせているようだ。

今日の予告先発は、横浜が砂田投手で巨人が菅野投手です。あまり調子の上がっていない砂田投手と相手のエースの菅野投手で分が悪いですが、中5日というところをうまくついてほしい。毎回毎回早打ちばかりでなく粘って球数を稼いでほしい。


にほんブログ村

ブログランキング



posted by shinken05 at 15:54| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。