2017年04月12日

エリアンが良いのでは

4月7日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ−横浜DeNAベイスターズの試合は、7−5で中日が勝ちました。

4月8日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ−横浜DeNAベイスターズの試合は、1−1で引き分けでした。

4月9日のナゴヤドームでの中日ドラゴンズ−横浜DeNAベイスターズの試合は、1−2で横浜が勝ちました。

ビジターで1勝1敗1分なら上々だと思うのですが、試合展開から考えるともっと勝てたと思うのでもったいない気がします。というか、中継ぎ投手の登板過多による登板回避により打たれたりしたので、これまでの継投も含めまずい采配が多かったかなと思います。ルーキーの濱口投手がプロ入り初勝利とかルーキーの佐野選手が代打でプロ入り初ヒットが貴重な同点タイムリーとかルーキーが活躍したカードでした。

このカードで気になった点は、以下の感じです。
・進藤投手は回の頭からなら仕事してくれそうだが、ピンチで登板はきつそう。
・パットン投手はただの疲れによる登板回避ならいいけど、初戦も3戦目も登板回避したことから考えると契約で週3回までしか登板できないとかあったりするのか?だとするとこれからも使い方が難しい。
・濱口投手はスタミナは結構ありそう。
・筒香選手が歩かされ、宮崎選手が繋いでも6番以降が弱いから点になりにくい。
・白崎選手は残念ながら相変わらずのようだ。
・倉本選手は長打を求めるのは自重して、去年のスタイルに戻して出塁率と得点圏打率を上げることを目指してほしい。

下位打線は相変わらず弱いし、先発で完投できる投手がいないので中継ぎに負担が来ています。特に期待できないのがクライン投手で、このままだともって5回とか言う投球が続いていきそうです。次の登板はあるけどもしひどい内容なら、先に上げた2つの問題を解決するためにクライン投手を二軍で制球とクイックを中心に調整として、代わりにエリアン選手と久保投手を上げてほしい。久保投手なら6回もしくはもっと長く試合を作ってくれるだろうし、エリアン選手をセカンドで使えば下位打線の強化やセカンドの守備力アップになりそう。ベンチの雰囲気を良くしてくれる効果もあるだろう。後々クライン投手がもっと日本に慣れて良くなるかもしれないことも考えると急いだ方が良いと思うけど。

今日の予告先発は、横浜が今永投手で阪神が秋山投手です。1日ずらしたけど今永投手が登板できるようで一安心。去年のこともあるし阪神は最初に叩いておきたい。そろそろ筒香選手のホームランが見たいけど2日間空いたことでうまく回ってくれるといいけど。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 06:00| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする