2017年02月07日

インフルにかかっている間にキャンプが始まってしまった

先月29日の日曜日の夕方から寒気がして37度台に熱が上がってきたので、前日までの状況もあり勝手にインフルだと判断し、日曜日ということもあり用意してあった漢方薬で熱を抑えつつ数日寝こみ、31日の火曜日に家族がインフルA型の診断を受けたことによりますます確信を深め休んだりしていたのですが、2日の木曜日の夕方に急にものすごい寒気を覚え、体を温めて悪寒を抑えてから体温を測ってみると今までとは比べ物にならない高温の40度前後に上がってました。とりあえず夜間病院が開くのを待ってから診察を受けたところインフルA型ということで、始めに熱が出てから時間が経ってからのインフル確定となりました。病院でイナビルとカロナールを処方され、少しでも早く吸引した方が良いとのことで病院でイナビルを2個吸引し、帰宅してからはずっと寝込んで2回解熱剤のカロナールも飲んだのですが、38度台くらいまで上がっては下がりを繰り返し、2日くらい経った日曜日からようやく薬なしでも体温が上がらなくなり、咳はまだひどかったのですがそこからは徐々に回復していって今日にはブログが書けるくらいまで回復し、明日でようやく家族との隔離も終了させることができます。

今回の反省としては最初の熱が出た時点で病院に行っておけばというのがあるのですが、自分の中でインフルにかかったら38度台とかのもっと高熱になるのだという誤解があったので、体調もそれほどひどくなかったし休んでいれば大丈夫だろうと楽観してしまいました。病院の先生の話では、インフルでも高温にならない場合もあるので怪しいと思ったら診察を受けてくださいとのことでした。それにしても今まで体温で超高温というのは40度くらいのことだと勝手に思っていたので、病院で熱を測った時に41.1度だったのは結構衝撃でした。今までの自分の想定にない数字でした。日本の最高温度を超えてしまいました。

それで前フリが長かったのですが、インフルでそれどころでない間に春のキャンプが始まってしまいました。毎年ワクワクしながら待っている日なのに、本当にそれどころではなかったです。テレビもほとんど見てなく、新聞も隔離されているため読んでなく、ネットも昨日までほとんど見ていなかったので、情報が全然入ってこず、昨日からまとめてネットで情報を集めてみたのですが、その中から感じたこととしては以下のような感じです。

1.今年も筒香選手はやってくれそう
2.梶谷選手は頼もしくなった(内面が)
3.シリアコ選手の守備は思ったより悪くなさそう(比較が去年の選手だが)
4.外国人投手のうち、クライン投手とパットン投手はやってくれそう。と言うかやってくれないと困る
5.山崎康投手は去年の反省を生かしてくれそう
6.ルーキーはまだあまり目立ってなさそう

とりあえず故障者などが出ていないようなのは良い傾向です。まだ決まっていないセカンド・サードや先発ローテの5番手以降や中継ぎなどを目指して、一人でも新しい戦力が出てきてくれることを期待します。早く実戦が見たい。


にほんブログ村

ブログランキング



posted by shinken05 at 18:35| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。