2016年04月25日

乙坂もったいない

4月24日の東京ドームでの読売ジャイアンツ−横浜DeNAベイスターズの試合は、3−0で巨人が勝ちました。

結局は貧打が続くし、打てないうえに4エラーもやったら勝てるわけありません。凡事徹底はどこに行ったのか。

5試合連続マルチヒットの倉本選手と他がへぼいために警戒されまくりの筒香選手は奮闘したけど、結局ロマック選手は外れっぽいし、チャンスなのにサードは誰も出てこないし、ロペス選手も打てない時はさっぱりだし、桑原選手も止まったみたいだし、梶谷選手だけが復帰してもそんなに改善しないような気がして暗い気分になる。サードを守れる新外国人選手を早く取ってほしい。

今日の采配も疑問点が多かったけど、特に7回ツーアウトランナー無しから高城捕手に代打井手選手の場面。1点差ならホームランで同点狙いもありだけど3点差なのに捕手に代打出すのは意味不明、というか行き当たりばったり過ぎ。結果的にヒットを打ったけど、案の定最終回のチャンスに捕手に代打を出せなくなった。打てない捕手ばかりなのだから捕手3人制にして勝負どころでは代打を出しまくればいいのに。左投手に強いので代打でも使える嶺井捕手か二軍で打撃好調の外野手や代走としても使える西森捕手を上げた方が、打てないし最終回のあの場面でも捕手起用を考えられない柳田選手を置いておくよりは起用方法が柔軟になって全然ましだろう。状況は変わっているのだからシーズン前に言っていた自分の理想にこだわりまくるのを止めてほしい。本当に机上の空論がぴったりの采配。

あと最終回にヒットが続いてホームランで同点になる場面で、ファンの誰もが二日前に沢村投手から同点ホームランを打っている乙坂選手の代打を期待したのに、なぜかそのまま柴田選手を打席に送り案の定ボール球を振って三振。そして戸柱捕手には捕手が残っていないため代打を出せず、最近の打撃成績そのままにポップフライで試合終了。結局乙坂選手も下園選手も使えなかった。もったいない、というか試合の流れを読みのが下手すぎ。とにかく追いつかなければ裏の守備も関係ないのだから、全力で点を取りに行ってほしかった。阪神の金本監督なら間違いなく二人とも代打を出していた。あれくらいどん欲に点を取りに行けばいいのに。貧打の上に采配までちぐはぐでは点なんか入るはずもない。おまけに打撃コーチが疑問符だらけだし。

先に上げた倉本選手と筒香選手以外で良かった点として、ザガースキー投手が初登板して力強いボールを投げていたので、中継ぎ左腕が充実しそうなことくらい。ただ打線がそこまで持っていけるかが問題。とにかくまず捕手3人制にしてくれ。捕手に代打が出せればもっと点が入るかもしれない。進藤ヘッドもヘッドコーチならちゃんと考えてくれ。


にほんブログ村

ブログランキング



posted by shinken05 at 03:40| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。