2018年10月25日

ドラフト予想

昨日の予告通り、12球団のドラフト1位の指名予想をしてみたいと思います。いろいろな情報から考えるだけの素人予想ですが、今年は公表している球団が多いので難しいのは3球団くらいですね。()は第二予想です。

楽天 根尾(小園)
阪神 藤原(根尾)
千葉 藤原(公表)
中日 根尾(公表)
オリ 小園(公表)
横浜 根尾(吉田)
ハム 吉田(根尾)
巨人 根尾(公表)
福岡 小園(公表)
ヤク 根尾(公表)
西武 松本(吉田)
広島 小園(甲斐野)

以上のようになります。ドラフト当日に状況を考えて変えてきそうなのが、横浜DeNA・西武・阪神あたりでしょうか。

我がベイスターズに関しては、去年が清宮効果をうまく生かして東投手の一本釣り、一昨年が柳投手の単独狙いがまさかの中日との重複で外し、外れで佐々木投手の5球団重複を外してからの濱口投手で結果的には当たり、三年前が今永投手の故障を恐れずの一本釣り、とうまくやってきているので今年もうまくいってくれればいいのですが。あとは2位以下でいかにうまく補強ポイントを埋めていくかだと思うので、期待して待ちたいと思います。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 11:08| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

ドラフトの希望

久々の投稿になります。今シーズンは先発投手の故障や不調、主力打者の離脱などの要因などが重なって優勝を逃すだけでなく、3年連続のCS出場も逃す4位となりました。

もちろん選手層も薄いのでドラフトがより重要になってきます。

そこで今年のドラフトの希望を戦力判断などとともに書きたいと思います。

まず、個人的に考えるベイスターズの補強ポイントとしては、
・エースになりうる先発投手
・勝ちパターンに入れる中継ぎ投手
・二遊間の即戦力
・二遊間の次世代の選手
・三塁の次世代の選手
・出塁率の高い1番タイプの打者
・将来の主軸になりうる選手

など、ざっと上げてもこれだけあるのですが、これを踏まえて個人的な好みでドラフトの希望を以下に書きます。

ドラフト1位 松本航 投手 日体大 
ドラフト2位 野村佑希 サード 花咲徳栄高 
    又は 野村大樹 サード 早実高
ドラフト3位 宜保翔 ショート 未来沖縄高 
    又は 増田陸 ショート 明秀日立高
ドラフト4位 伊藤裕季也 セカンド 立正大 
    又は 山野辺翔 セカンド 三菱自動車岡崎
ドラフト5位 杉山一樹 投手 三菱重工広島 などの中継ぎ投手
ドラフト6位 田宮裕涼 捕手 成田高 などの捕手
ドラフト7位 湯浅京己 投手 富山GRNサンダーバーズ 入団テスト
ドラフト8位 平山快 一塁 東海大 いつもの一芸枠
    又は 中山翔太 一塁 法政大
育成ドラ1位 矢沢宏太 投手 藤嶺藤沢高 などの高卒投手

こんな感じになりました。
特に宜保選手は、打撃はまだパワー不足だけど身体能力が抜群で頭も良いみたいだし性格も良さそうだし、雰囲気としては石井琢朗選手みたいになってくれそうな予感がするので、是非獲得してほしいです。

新聞報道だと1位は競合覚悟で根尾選手とか一本釣り狙いで上茶谷投手とかありますけど、今年のハマスタなのに総得点リーグ最低とか二軍の若手野手の伸び悩みとか考えると、今年は上位は野手中心になると思います。投手は不調な投手とか故障中の投手とかが戻ってくれば行けると思うし、育成中の若手も野手と違って順調に伸びている傾向があるのもあるし。

明日は当日直前で12球団の予想を書けたら書きます。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 10:50| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ようやくドラフトについて

数年前までシーズン途中から楽しみは若手の活躍かドラフトしかない状況だったけど、去年はCSファイナルまで、今年は日本シリーズまで進出するという11月まで野球が楽しめる状況だったので、なかなかドラフトに集中できませんでした。そういう状況だからか分からないけど、ドラフト観覧募集をNPBが開始してから毎年応募しては外れていたのに今年は応募が一人限定になったおかげが当選してしまいました。それなので道を間違えたり本人確認がめんどくさかったりしながらもドラフトを現場で観覧することができました。会場の雰囲気だったり、おまけのコーナーだったりを楽しめましたし、記念品までもらえて有意義な時間を過ごせました。来年以降も当選は難しいだろうけど応募し続けたいと思います。

ここからドラフトで指名した選手についてですが、ドラフト前は指名してほしい選手として、エースになれる先発候補・勝ちパターンには入れる中継ぎ投手・二遊間の競争に入れる内野手・足を武器にできる選手(できれば盗塁のできる)・数が足りないので若い捕手、が個人的に考えられていたのでそれを踏まえて交渉権を獲得した選手をみていきます。

1位、東 克樹、投手、立命館大学、左投左打
大学侍ジャパンのエース。最速152キロのコントロール自慢の投手。これで4年連続大学ナンバーワン左腕を指名。

2位、神里 和毅、外野手、日本生命、右投左打
社会人ナンバーワン外野手。俊足。控えがふがいなかった外野手の争いに加わってくれれば。

3位、阪口 皓亮、投手、北海高校、右投左打
夏の甲子園の評判はトップクラス。体を含めまだまだだけどストレートは素晴らしい。

4位、齋藤 俊介、投手、JX-ENEOS、右投右打
最速149キロでコントロールも良さそう。中継ぎ争いに食い込んでほしい。

5位、櫻井 周斗、投手、日大三高、左投左打
清宮選手から5打席連続三振を奪ったライバル投手。個人的には打撃のセンスの方が素晴らしいと思う。

6位、寺田 光輝、投手、石川ミリオンスターズ、右投右打
独立リーグで抑えを担当。サイドスローコレクション。

7位、宮本 秀明、内野手、パナソニック、右投左打
内外野守れて俊足なのは良いけどパナソニックでも控えなので打撃は時間かかりそう。

8位、楠本 泰史、外野手、東北福祉大、右投左打
大学侍ジャパンの4番。ミート力など打撃は素晴らしいけど、肩を壊しているらしいとか守備は不安。

9位、山本 祐大、捕手、滋賀ユナイテッド、右投右打
19歳と若い捕手。捕手経験も少ない。

育成1位、中川 虎大、投手、箕島高校、右投右打
投手経験が少ないながらも、最速148キロで身体能力も高い。名前から阪神ファン?

感想としては、東投手は地方大学で好投していただけでなく侍ジャパンでアメリカや韓国相手に好投していたので、コントロールに自信があることもあり期待できそうだったので、単独で指名できたのは良かった。あとは野手は俊足ばかりだったりおおむね個人的な補強ポイントと合った指名だったのでほぼ満足。左打ちばかりだし外野手が多いのは疑問だが。個人的にはロッテの2位の藤岡選手を2位で、巨人の6位の父親が大洋の選手の若林選手を6位か7位で指名できていればさらに良かったけど、先に指名されてしまったのでしょうがない。内野手はFAの大和選手の獲得に期待。3位の阪口投手はポテンシャルは素晴らしいと思うし、きちんと成長させればエースになれる器だと思うので、新任の大家投手コーチのメジャー経験を生かした指導に期待。5位の桜井投手は左投手は貴重だし本人の意思もあるけど打撃は高校でもトップクラスだと思うので難しい。8位の楠本選手は去年の佐野選手に続いて打撃優先の指名なんだるうけど、ふがいない代打陣の争いに入れると思うので期待している。

4位の齋藤投手が早くも仮契約をしたのをはじめ、これまでの報道やSNSなどを見る限りだいたい好反応なので選手はみんな入団してくれそう。強いチームに指名してもらってというコメントもあったのは驚きだけど。早くユニフォーム姿が見たい。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 10:58| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新外国人選手の獲得など

日本シリーズが終わったばかりなのに、いろいろなことがあったのでまとめて書きます。

・松本選手と水野投手と契約しないと発表。
松本選手は期待していたのにチャンスで結果を出せずしょうがないけど残念でしたが、水野投手はまだ一年しかいないのでそれほど肩の具合が悪いのかと心配です。育成選手で契約するようなので、早く良くなって再び支配下登録されるようになってくれればいいと思います。

・コーチングスタッフ発表。
おおむね報道通りだったが、結果を出した一軍がほとんど変わらないのはともかく全然結果を出せなかった二軍のコーチ陣がほとんど似たような感じになったのは残念。投手コーチはともかくさっぱりだった打撃コーチを代えたとはいえ似たように経験が少ないかないような若いコーチ2人にしては同じような結果が出る気がする。今年の投手コーチのように一人は経験豊富な人材を連れてきてほしかった。バッテリーコーチもなぜ新沼コーチがまたコーチになるのか理解不能。光山コーチのもとで何か学んだのだろうか。

・メキシコのウインターリーグに乙坂選手を派遣。
いまいち伸びてくれないので、外国の地で何かつかんでくれることを期待。

・秋季キャンプ
奄美の秋季キャンプが日本シリーズの間にひっそりと若手を中心に始まっていました。日本シリーズのメンバーの中の若手も第二クールから追加で参加しますので、日本シリーズでますます自覚したであろう課題克服に向けて凡事徹底できるようにしてもらいたい。

・外国人選手の動き。
ロペス選手は二年契約の二年目でウィーランド投手とパットン投手の契約延長が決定。クライン投手とエリアン選手とシリアコ選手の契約延長がないことが発表され、新外国人選手としてネフタリ・ソト選手とエディソン・バリオス投手の獲得が決定。とりあえずロペス選手に続いてウィーランド投手とパットン投手が来年もいてくれるので一安心。多分バックアップになるであろう選手も2人とったし、あとは年棒交渉がもめているのかエスコバー投手の残留が決まるか、ダメならそれに代わる投手の獲得で終わりでしょう。

・ゴールデン・グラブ賞をロペス選手と桑原選手が受賞。
宮崎選手は惜しかったけど、二人ともおめでとうございます。

・FAで阪神の大和選手と西武の野上投手を狙っているらしいと報道あり。
ドラフトで獲得できなかったレギュラー競争に加われる守備が抜群の内野手と右の先発候補。他球団との競争になるのは間違いないので金銭面では不利になりそうだし、多分Bランクで人的補償が発生するのも問題だけど、チームの弱点を埋める選手であることは間違いないです。あと中日を戦力外になった武藤投手に関しても獲得報道がありましたが、武藤投手がトライアウトに参加することが発表されたので微妙な感じです。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 09:33| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズが終わって

もう一週間くらい経ちますが、日本シリーズが敗退という形で終わりました。

第六戦は最終回までリードするも抑えの山崎康投手が内川選手に技ありのホームランを打たれて追いつかれ、延長までもつれるも最後は四球やミスもあり残念な結果となりました。最後のバックホームはちゃんと捕球してもセーフならあきらめやすいのですが、イレギュラーして変なバウンドになって捕球できなくなってしまうという何とももやもやした気持ちが残ってしまう終わり方になってしまいました。

とはいえ戦う前は、史上最大の下克上で勝ち上がったとはいえ相手はさらに大差をつけてリーグ戦を優勝したソフトバンクだし、年棒の差も三倍くらいあるという感じで相手が圧倒的に優位で、実際三連敗した後は相手の工藤監督が余裕の表情でへらへらしていたのが悔しかったので、そこから2連勝して第六戦もリードして最後は延長戦までもつれるところまで行って、工藤監督が試合前にデータ解析するから取材も受けられなくなったり、抑えのサファテ投手を延長とはいえ未経験の3イニングの回またぎをさせたり、勝利後のインタビューからも追い込まれた状態まで相手を持っていけたのは良かったです。

3位から勝ち上がって日本シリーズまで行ったので、12球団で一番長くかつ多く試合をすることになってしまって、最後は疲労困憊・満身創痍の状態だろうから、ちゃんと休養したりその後キャンプで鍛えたりしてから、来年こそは出来れば優勝して地元でCSを開催し勝ち上がって、日本シリーズでリベンジをしてほしいと思います。


にほんブログ村

ブログランキング

posted by shinken05 at 08:47| Comment(0) | 横浜ベイスターズ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする